2013年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.11.11(Mon)


いいつつも、エンルナ読むのやめました。


あんまり悲しくない系の、チート主人公のやつ読み直してたんですけど

なんかソレも・・・




カレナっていう、魔法の世界とは別の世界にいる人(?)がいて。

最強なんだけど。


魔法の使える世界を管轄として仕事をしていたのね。

そしたら、自分の世界から魔物が減っていくんでおかしいと思って、魔法の使える世界を調査。

魔法の世界にいって、太陽が二つあることにも違和感。



1年学園にもぐりこんで「使い魔召還」が原因とわかって・・・




もとからルクセントっていうのに仕組まれていてだな

・カレナの力を欲しがった

・カレナを怒らせた

・カレナに殺された


はずが、カレナが怒って殺すために使った力にまぎれて違うところに飛ぶことができ(狙い)。


カレナが「魔物が減っている」と異変に気づくまで下準備を進められたことになる。

また、カレナが、使い魔が原因だとわかるまで1年、ルクセントが関わっている可能性を知るまで半年は準備期間があったのですね


ルクセントを「殺した」のが96年前というから、100年近い。



学園でともに過ごした優等生エートくんが、敵に寝返ったり(学園入る前から敵だった)


なんやかあって、ルクセントの準備期間が終わってしまうわけです。


完了したために、大きな暴動的なのが起こって、ルクセントの手下をカレナが連れ帰る。

全てはルクセントの思惑通りに進んでいて


準備は済んでいるわけだから、ルクセントの居場所などを手下が全て吐く。

二つあるうちの一つの太陽は核を持たず光っているだけだった。


その中にルクセントがいたわけですね。



学校の友達とか、国の最強とかつれていくんですけど


1人敵を殺そうとしたら、カレナの読みが外れて罠が発動してしまったんですよ


まわりに味方がいるから相殺させたのだけどそれがダメで

特殊な血の効果で、もとからのルクセントの力とカレナの相殺した力が混ざったのが返ってきて。カウンター



ルクセントぶっつぶす前に結構力つかったのに、次は「敵」なんだけど友達なエートくんが、自分の仲間(カレナからしたら敵)をかばって瀕死。


無事で、よかった っていって目を瞑るわけです・・・





おおおおおおおおおおおおおおおおおおい



ってところでストップ。続きがありません。




ここで、カレナが残りの力を使ってどうにかするか

ルクセントと戦うためエートをそのまま死なせるか。



気になるんです。



全ての予言では、カレナはルクセントにまけるとあったから

エートを助けてカレナの力の残量不足で負けるとよみました。




実際はしりませんが。



続き待つのが苦しいので、違う小説探します。落ちこぼれ系です。
スポンサーサイト
18:02  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。